増大ポンプ

「ペニスをもっと太く大きくしたい!」

上記のように願う男性は多いのではないしょうか。しかし、自分の性器ですから、そう気軽に巷に噂されるペニス増大方法をチャレンジするのも気後れしてしまうところです。

ここではペニス増大器具、特に増大ポンプのペニス増大器具について記述していきます。

基本的にはクリニックで手術するよりも安全でしょう。なによりメスや注射が必要ありません。また、ペニストレーニング、通称「チントレ」よりも比較的に楽であることは間違いないと思われます。

増大ポンプとはどんなものか?

ペニスを太くする方法として、ポンプタイプの増大ポンプは用いられます。

シリンダー(筒)の中にペニスを入れ、ポンプを用いてペニスを吸引します。シリンダー内を真空状態に近づけると陰圧によりペニスは引っ張られます。ペニスを引っ張り、負荷をかけるトレーニングをする器具がペニスポンプタイプの増大器具です。

ペニスを通っている血液が引っ張られた海綿体に引きずられて動きます。本来太く定着しない組織に血液を無理矢理に流し、クセにしていきます。結果としてペニスの増大効果、特に陰茎を太くする効果が期待できる仕組みとなっています。

 

増大ポンプの仕組みによっていくつかの種類に別れます。大きく分けて3種類です。

  • 手動ポンプ
  • 電動ポンプ
  • 水中使用ポンプ

 

手動、電動の違いはイメージしやすいでしょう。水中タイプは主にお風呂で使用します。お風呂で使用することがメインであるメリットとして、他のタイプと違いローションの用意が必要ないということです。ローションの用意が煩わしい人にとっては手間が省けて、続けやすいことが最大のメリットでしょう。

逆にお風呂の用意が面倒な人には向かないでしょう。例えば、家族と暮らしている場合は難しいのではないでしょうか。

手動ポンプの最有力アイテムはパワーゲージでしょう。特徴は取り扱いが簡単なことです。特に日本人向けを強く意識して作られています。厳密に作られたメモリゲージが付いていて、適切な圧力が求めやすいです。総じて本格的なペニス増大器具のエントリーモデルといった印象です。

 

電動ポンプの有力なアイテムはパワーポンプでしょう。こちらも純国産モデルが入手できます。よりパワフルに利用でき、勃起力の向上も期待できます。さらに自動の減圧機構も搭載され、不快な圧迫感を減らしてくれます。

水中タイプの有力アイテムはバスメイトです。先に説明したようにシャワーや入浴中に使用します。血行が促進された状態で使うため、より一層の効果が期待できます。水を利用する水圧式で、より均等にペニスを吸引することができます。使用においてメリット、デメリットがはっきりしていることが特徴的です。

増大ポンプのペニス増大器具はどんな効果が狙えるのか

ポンプタイプのペニス増大器具は主にペニスを太くする方法です。

ポンプ使用時は亀頭に特に血液が集まると言われ、亀頭の増大効果がもっとも期待できます。また、シリンダー自体も太めのものを使うと、より太くなるのではないかと言われています。

クリニックの手術と比べて効果が体感できるのが遅いですが、その分真面目に取り組めば安全であることは大きな特徴でしょう。

増大ポンプのペニス増大器具のメリットとデメリット

ペニスポンプタイプのペニス増大器具のメリットは、自らの手でペニスに圧力を加えなくても良いことでしょう。

他にもペニス増大トレーニング、例えばマッサージなどがありますが、こういうのは手間が多く面倒で続かないという人にも続けやすいでしょう。

ただし、クリニックで手術を受けた場合と比べて即効性は期待できないでしょう。負担や手間を軽くしながら、長期間可能なトレーニングが大きなメリットです。

 

性能面では陰圧で引っ張られた海綿体上の毛細血管に、血流が流れ特に毛細血管のサイズアップが期待できます。しかし、外部から引っ張るという行為のためにデメリットもあります。

陰圧を用いていることから、ペニスに水ぶくれ(業界用語ではフグといいます)などができてしまう恐れが確認できます。他にも適切な扱いをしないと、皮だけが伸びる恐れも考えられます。

さらには、ペニス自信が黒くなるという事例も確認できます。これは焦って効果を求めすぎた場合になりやすいでしょう。もちろん肌が弱い場合も要注意です。

このように増大ポンプは気軽に扱うと怪我やトラブルにつながるため、器具の使用方法はよく確認してください。

 

サプリメントとの併用が望ましい

陰圧を用いたトレーニングで、亀頭やペニス自体の毛細血管への血流が増えることは確かに望ましいです。しかし、ポンプタイプの器具はどうしても強くやりがちです。最低でもうっ血する人はかなり多い印象です。

一方で少しずつのトレーニングでは、そこまで効果が出ないことも事実です。この場合の解決ポイントはサプリとの併用になります。

ただ器具を用いて血流を増やすのではなく、そこへあわせて有効成分摂取することでペニスの増大効果アップを狙います。トレーニングだけでなく、栄養補給も適したものを行いましょう。

最終的には器具のトレーニング+サプリの効果で亀頭を中心に太くするのが良いでしょう。

【2018年】最新精力剤ランキングはこちら

精力剤

ペニス増大サプリ人気ランキングはここ

ペニス増大サプリ