ジェルキング

ちんこのサイズに悩んでいる男性は少なくありません。

ちんこの大きさとセックスの気持ちよさについては関係がないという話もありますが、実際にはかなり関係があるのが事実。

まあはっきり言って、それなりのサイズが無いと女性を気持ちよくさせられないのは確かでしょう。

 

そこでなんとかちんこを大きくしたいということで考え出されたのがちんこのトレーニング、いわゆるチントレです。

代表的なチントレにはジェルキング、ミルキング、pc筋のトレーニングの3種類がありますが、今回はジェルキングを中心にご紹介していきます。

ジェルキングの正しいやり方について

ジェルキング

ジェルキングの正式なやり方について簡単に説明しておきますね。

  • ちんこを半勃起した状態で開始
  • ローション等の潤滑剤を塗り、親指と人差し指で輪を作り、手の平が上を向くようにちんこの根本を握る
  • ちんこを握ったまま先端に向けてスライドし、血液を亀頭部分へ送り込む
  • 亀頭部分まで手をスライドさせ、その状態を2~3秒間保持する
  • 手を緩めて最初から同じ動作を繰り返す

 

準備として半勃起状態にします。お気に入りのAVなどでしっかり準備してくださいね(笑)

まず、OKの手を作って、ちんこの根元を順手で持ちます。
(オナニーするときと同じ手の向き)

手のひらが上に向くように握っておきましょう。

握ったまま、カリの部分までスライドさせていきます。皮も一緒に引っ張って、ゆっくりとスライドさせる。

そうすると、亀頭にちゃんと血液が流れてきますよね??

溜まったら2~3秒くらいキープして一気に手を放して緩めてあげます。

これを左右の手で10回を1日15セットくらい行いましょう。

 

オナニーだとそのまま上下にシコシコと動かしちゃうんですが、ジェルキングはカリ部分まで握って押し込んだらそのままキープするのがポイントです。

後、一気に開放してあげるのもポイントになります。

ジェルキングとミルキングはどこが違うの?

まず、ジェルキングとミルキングという2つのチントレ方法がありますが、この2つの違いについて説明していきたいと思います。

名前も良く似たこの2つのチントレですが、どのような違いがあるのでしょうか?

 

まず、共通点ですがジェルキング、ミルキングともにちんこの亀頭部分に血液を強制的に送り込むことで血管を太くし、ちんこを大きくするという狙いがあります。

ちんこは海綿体というスポンジのような構造が血液の流入によって膨らみ、勃起するという仕組みになっています。

ジェルキングやミルキングによって血液を流入させることによって海綿体へ血液を届ける血管を太くすることができるのです。

 

結果として勃起時に自然と血液がたくさん流入するようになり、ちんこが大きくなるという効果が得られるのです。

無理やり血流を送り込むのですが、その結果大きくなると言う仕組みです。

 

次にジェルキングとミルキングの違いですがやり方に違いがあります。

ジェルキング:根本から先端に向けてちんこを握った手をスライドさせて血液を送り込む

⇒摩擦を軽減するためにローションを使用する

ミルキング:根本を握り、牛の乳搾りの要領で人差し指から小指に向けて握り込んでいく

⇒ローションは使用しない

 

ちんこの先端、亀頭部分に向けて血液を送り込みたいという点では同じですが、動作に違いがあります。

また、ジェルキングはちんこを握ったままスライドさせる際に摩擦が生じますので、ローションを使用するのが一般的です。

ローションを使わないと痛みがある場合もありますから、使うようにしたいですね。

ジェルキングによってどんな効果が期待できる?

ジェルキング効果

ジェルキングを行うことで得られる効果については既に触れましたが、主に亀頭部分が大きくなるという効果が期待できます。

また、ジェルキングはちんこを握ったままスライドさせるという動きをするため、ちんこを牽引するトレーニングとしても機能します。

その為、亀頭増大だけではなく、ちんこの長さを伸ばすという効果も期待することが出来るのです。

 

ジェルキングは欧米では最も人気のあるチントレと言われています。

欧米の方はちんこが大きいイメージですが、それでもチントレをやってるんですね。。。

逆に言うと、それだけ正しい方法だと認知されているから世界でも行われているんです。

ジェルキングをきちんとやれば、ペニス増大&長くする効果が期待できそうですね。

ジェルキングを行う際に注意したい点とは?

注意点

ジェルキングのやり方や効果についてはご理解いただけたと思いますが、ジェルキングを行う上で注意しておきたい点についても触れてみたいと思います。

注意点その1:ちんこの根本をしっかり握り、血液がもどらないようにする

ミルキングよりもジェルキングの方がちんこをしっかり握って血液を先端に向けて送り出す動作はやりやすいのではないでしょうか?

握ったままスライドするのが重要です。

 

注意点その2:ローションを使って摩擦を軽減

ジェルキングは握ったまま手をスライドさせるため、ちんこに強い力が加わります。

そのためローションを使って摩擦を軽減しながら行うことが大切です。

また、ミルキングの場合と同様に負荷が強すぎた場合等、亀頭周辺に血豆のようなものや水ぶくれのようなものが出来てしまう場合があります。

その場合はジェルキングを中断し、ちんこをしっかり休ませてあげましょう。

ジェルキング お薦めのトレーニングの頻度と回数は?

ジェルキングを行う場合ですが、ジェルキングのやり方で紹介した動作を5分から10分ほど続けて行ってください。

これを1セットとして1日に数セット行います。

ジェルキングの場合、ローションを使う必要があるためミルキングのようにいつでもできる、というわけにはいきませんが、よりシンプルなだけに高い効果が期待できます。

 

また、ジェルキングは皮が伸びてしまう可能性があるのですが、ローションを使わず皮を伸ばさないというような補助器具等が販売されていますので、このような器具を活用してみるのも良いでしょう。

欧米では最も評価が高いと言われているジェルキングはミルキングと並びチントレのスタンダードです。

やり過ぎに注意しながら継続して行うことがチントレ成功への近道です。

正しいジェルキングのやり方をしっかり確認し、効果的なチントレを行って亀頭増大を目指しましょう。

ジェルキングを器具を使って効率化する方法

ジェルキング 器具

実はジェルキングを効率化する補助ローラーっていうのがあるんです。

私も知らなかったんですが、器具をチェックしている際に見つけました。

ジェルキング補助ローラーって言うんですね。

 

ジェルキング 器具

使い方はこんな感じで、間にペニスを入れてローラーするだけ。

結構簡単なんだけど、効果はしっかり出ますねこれ。

理論的にはジェルキングと同じ方法を効率化しているだけだから、使ってみても良いかなと思います。

ジェルキングで皮が伸びるって本当?

ジェルキング皮

ジェルキングを行ってみると、まず最初にちょっとした問題に当たると思います。

それがちんこの皮をクルクルと巻き込んでしまう感じです。

後、皮がカリ部分に集まって伸びてブヨブヨになる感じがするんですね。

これ、実際に私もチントレをやってみてそう感じました。

 

確かにジェルキングを何も考えないでやると革が伸びる可能性はあると思います。

でも大丈夫!ちゃんと対策はあるんですよ。

まず、最初にオッケーサインの形を作って根本からスライドさせるんですが。

その際に逆の余っている手で、ちんこの根本で皮をしっかりと引っ張って抑えておくのがポイントです。

根本に引っ張っておけば、皮を巻き込むことはないですし、カリ部分に集まることもありません。

 

後、やっぱりジェルキングをやる際にはきちんとジェルとか石鹸を使うべきです。

少し滑るようにしておくことが、皮が伸びたり巻き込んだりしないためには大事ですね。

ジェルキングは効果なしって口コミを見たんだけど

ジェルキング効果なし

『ジェルキングやったけど効果なし』

そんな口コミをネットなんかで見たんだけどという質問をいただきました。

ジェルキングは本当に効果があるんでしょうか?

 

これについては間違いなく効果は出ます!

海外でも色々と研究されていますが、しっかりと増大効果を検証して報告されています。

だから海外でも多くの人がチントレを行っているんです。

でも効果なしってことは何か問題があったと思われますね。

 

例えばジェルキングの方法が正しくなかったという場合がありますね。

やり方の部分でも紹介しましたが、正しい方法でなければ効果が薄くなることは考えられます。

きちんと血流を流し込めなかったりすると、意味がなかったりしますから。

 

後は、実施期間が短いという可能性もありますね。1ヶ月しか経ってないとか。

チントレで成功している多くの人が、年単位でチントレを行っています。

それこそ1年でどれくらい大きくなったとか、そういった期間で継続しているんです。

最低でも半年はジェルキングを行ってから、効果について検証していきましょう。

もちろんその期間を短縮する方法もありますから、それは後ほど紹介しますね♪

ジェルキングはどれくらいの期間で結果を期待できる?

ジェルキング期間

先程少し触れましたが、ジェルキングの結果がでるまでどれくらいの期間が必要か?

これは気になる部分ですよね。

私もチントレを行っていますが、かれこれ1年は続けています。

多くのチントレ愛好家の方たちも、ほとんどが年単位でチントレを行っています。

 

実際にジェルキングのみをずっと行っている人に聞いてみると、半年くらいは必要とのこと。

半年すれば大きくなっているのが分かるくらいだと言ってます。

確かにビフォーアフターを見ましたが、一回り大きくなっているのがわかりますね。

 

でも恐らく多くの人がこう思ったと思います。

『半年か・・・。長いしダルいなぁ。。。』

分かります(笑い)効果が分からない状態で半年続けるのはかなりのモチベーションが必要ですから。

でもそれを3ヶ月に短縮する方法なら知ってます!

 

それはジェルキングと一緒にサプリメントを利用することです。

ジェルキングでしっかりと血流を上げて亀頭に送り込んでいると思いますが。

増大サプリの中には血管を拡張してくれる成分の入ったものがあるんです。

一緒に使えば・・・。亀頭だけでなくペニス全体にもっと多くの血流が流れて、チントレの効果が更にアップするんです。

私はこの方法で、3ヶ月でかなりの結果を残すことが出来ました!

 

筋トレをやる時にプロテインを飲めば効果が倍増するのと同じように、チントレにサプリは必須アイテムです。

ジェルキングをコツコツやるのであれば、絶対に増大サプリも一緒に飲んで下さい。

効果が出るとチントレも続けよう!ってモチベーションが上がりますよ。

【2018年】最新精力剤ランキングはこちら

精力剤

ペニス増大サプリ人気ランキングはここ

ペニス増大サプリ