中折れ 改善 対策

セックスの最中に中折れの症状が続いてしまうと、セックスするのが徐々に億劫になるでしょうし、誘われても断ってしまいがち。

毎回元気がなくなるので自信もなくなり、さらに彼女や奥さんからも笑われてしまうかもしれません。

彼女や奥さんを満足させていないと思ってしまうと、どんどん悪い方に流れてしまい、さらに中折れの症状は悪化してしまうことがあります。

このような中折れの不安を少しでも解消するための、改善や対策を紹介します。

中折れの改善はどうすればいいの?

中折れ 対策

彼女や奥さんとのセックスの最中にいつも中折れしてしまう方は、まずは中折れの原因を把握することが大切です。

中折れの原因としては、心因性EDと器質性EDがあります。

 

このうち心因性EDは毎日感じるストレスや不安、またうつ病といった心理的な要素が原因で引き起こされるEDを言います。心因性EDの症状は、20~30代などの若い男性に多く見られ、それぞれ原因や要素が異なります。

彼女や奥さんとセックスする際に「だらしない人ねぇ」、「もっとしっかりして」、「それでも男なの」などの言葉を浴びせられて元気がなくなる人に多いです。

ペニスの勃ちが悪い時に相手からそのような言葉でなじられてしまうと、ショックを受ける男性もいるでしょう。このような経験がトラウマになって、心因性EDを引き起こしてしまうのです。

一度セックスでうまく行かなかった時や初体験の時にダメだった人なども同じように刷り込まれてトラウマになってしまうんですね。男性はかなり繊細なものですから、ちょっとした言葉で自信をなくしてしまいがちです。

 

一方、器質性EDは神経系が要因で生じるEDであり、神経に障害が生じたり、脳からの勃起命令が伝われなかったりすると引き起こされます。

このような器質性EDの症状を引き起こす大きな原因が糖尿病と言われています。特に糖尿病性末梢神経障害になると脳からの命令が伝わりにくくなりますので、それがEDに繋がってしまうことが多いです。

これはムラムラしないとかストレスとかそういった部分は関係なく、きちんと伝達できてない部分ですので気持ちではなく根本の部分を解消していかなくてはなりません。

このように心因性EDと器質性EDがありますので、自分がどちらに該当しているのかを見極める必要があります。それぞれの原因によって治療法が異なりますので、自分に合った方法を選びましょう。

心因性EDの対策

心因性EDの対策

心因性EDの改善策、治療法から見ていきましょう。

心因性はストレスが大きな要因ですので、このストレスを解消してあげる必要があります。ストレスは勃起に大きく影響しますので、しっかり対策することが大切です。

職場でのストレス、家庭でのストレス、セックス時、人間関係など、人はあらゆる場面でストレスを感じています。このような多くのストレスの解消が、心因性EDの改善に繋がっていきます。

ストレスを出来るだけ排除できるようなリラックス法を持ちたいですね。

 

後、実際のSEXでのトラウマの治療法としてはイメージトレーニングがおすすめであり、これはセックスが上手くいく場面を想像することで改善していく方法です。

中折れしてしまう人は、特に射精できるかどうかの不安が多いと思いますので、上手く射精できた場面をイメージしてみましょう。オナニーの時は全く問題なく射精できるという人は、オナニーの時は射精の心配とかしないですよね?射精できて当たり前って感覚があるんです。

このイメージトレーニングで大切なことは、常に成功する場面を想像することです。中折れしてしまう人は失敗をイメージしてしまいがちですが、失敗のイメージは最初から排除しておくようにしてください。

 

もしもピストンがうまく出来ないとか、体勢によって気持ちよくなるほど突けないとかあるのであれば、予めオナホールとか使って腰を降って射精する訓練をしてもいいと思います。実際にオナニーの際の体勢と正常位での射精の体勢ではイキやすさは全然違いますから。

このようなトレーニングによって自信を取り戻しストレスを解消できれば、心因性EDから抜け出すことができます。

器質性EDの対策

器質性EDの対策

次に器質性EDの治療法ですが、こちらは体に何かしらの異常が生じることで引き起こされる症状です。そのため、体の内部と外部から改善していく必要があります。

改善方法としては様々な方法が考えられますが、食事療法や健康サプリメントがおすすめです。食事とサプリメントによって体に必要な栄養素を摂り入れて、元の状態に戻してあげることで改善できます。

そして運動も大切で有酸素運動、スクワット、PC筋トレーニングなど、必要に応じて行うといいでしょう。

 

また、睡眠も大切です。睡眠が減少してしまうと、テストステロンが正常な人と比べて10%以上低下したという報告ありますので、日頃から注意しておきましょう。これは実際にアメリカで論文として発表されていますから。

その他、アルコールやタバコも大きな影響を及ぼしますので、普段からタバコやアルコールの摂取が多い人は、禁煙、禁煙を心がけるようにしてください。

器質性EDの場合は一つが原因とは限りません。生活の中の色んなものが原因で体の内部に以上が出ている状態です。どの治療や対策も時間がかかるものですから、じっくりと改善する気持ちで取り組んでくださいね。

薬での治療ではないですので、じっくりがポイントです。

膣内射精障害の対策

膣内射精障害の対策

中折れの原因としては膣内射精障害もあり、膣内射精障害の治療法としてはオナニーの改善が最適です。普段からしているオナニーのやり方を変えることで、改善できる場合があります。

膣内射精障害で悩んでいる男性は実はかなり多いって知ってますか?と言うのも、最近はオナニーで自分で性欲を処理してしまって、彼女とのエッチの回数が減っているのが問題なんです。

エッチは実はオナニーほど強い刺激ではありませんし、自分で腰を振って射精まで行きますのでどうしても刺激がゆっくりになりがちです。そうすると膣内でイケなくて焦ってしまうんです。

 

膣内射精障害の改善方法として、例えばオナニーの時間が早い方は、20分や30分と時間をかけて行うようにしてください。また、低刺激での射精やペニスを強く握らないオナニーもおすすめです。

強いグリップで一気に短時間でオナニーは気持ちいいかもしれませんが、実際のSEXではそんなことは無いですから。ゆっくり時間をかけて行うものですよ。

 

そして膣内射精障害で大切なのが、相手の膣内で射精することです。常に相手の膣内で射精するイメージを持つようにしてください。

私も実際に膣内でいき難いタイプだったのですが、その原因はオナニーの体勢に有ったんです。オナニーの際に椅子に座ったまましますので、どうしても正常位の体勢では射精できないんですよ。女性に上に乗ってもらう騎乗位なら射精できるんですが。

それの改善として、オナホールを布団に挟んで正常位の体勢で腰振りの刺激だけで射精する訓練をしました。そうすると実際のSEXに近い体勢ですので、本番の際に安心感が有って焦らずSEXに没頭できます。

このようなトレーニングを行うことで改善できる場合がありますので、ぜひ実行してみてください。

精力サプリで中折れの対策を

器質性EDは、精力サプリで簡単に改善できる場合があります。

精力サプリメントに含まれている、シトルリン、アルギニンなどの成分の作用により、血管拡張や血流が増加してペニスへの血流をアップできます。その結果ペニスをギンギンの状態にでき、中折れを改善できます。

そもそも勃起を維持する、また勃起力を上げるための成分や食材をしっかりと摂っていない場合は、すぐにこれで改善できる事があります。私も精力サプリを飲みだしてからすぐに固くなって、持続力については間違いなくサプリによって改善しましたから。

シトルリンやアルギニン以外にも、亜鉛なども効果があります。こういった成分を効率的に摂取していくにはサプリが一番早いんですね。

 

セックスの最中に起こる中折れの症状を改善するには、まずその原因を追求することが大切です。自分が心因性EDなのか?それとも器質性EDなのか??

そして、それぞれの原因に合った対策を講じることで、元の状態に戻すことができます。諦めないで中折れ対策を行いましょう。